飼料メーカーで働いて良かった!と思ったこと

こんにちは。
前回の内容では、嫌なことばかり書いてしまいましたが、飼料メーカーで働いていて良いこともたくさんありました。学生の頃と比べたら随分とタフになったと感じます。

今日は飼料メーカーで営業をやってよかったと思う理由をお話していきます。
まだお読みでない方はこちら↓もどうぞ。

私がエサ売りを辞めた理由

スポンサーリンク
レクタングル(大)

飼料メーカーで営業をやってよかったと思う理由

度胸がついた

meeting

経営者と交渉することが多かったので、「社長」「会長」という肩書きの人と話をしても、ほぼ緊張しなくなりました。
入社したての頃は取引先の社長に電話するのに心の準備が10分くらい必要でしたが、3ヶ月もしたら「社長~♪お元気ですか~?」みたいなノリになりました。

以前は電話が苦手でしたが、1日何十件もかかってくるので、あっという間に慣れました。

人手不足で入社1年目で経営陣のいる社内会議に、支店代表として参加していたので、人前で話すことも慣れました(元々学生時代に人前で歌ったりはしていたのである程度の耐性はありました)。

どうしようもない状況に立たされた時、人間は躊躇なく何でも出来るようになる事を身をもって実感しました!わっはっは!

違う世代の人と話ができるようになった

取引先の社長や会長は年配の男性が多く、初めは何を話そうか会う前からずっと不安でしたが、先輩の商談に同行しているうちに、天気の話や家族のこと、悩み等を聞いたり、業界の話題を振ったりと、あまり苦労せず世間話ができるようになりました。

これは私の感覚としてですが、年配の方にはこちらからあまりベラベラ話さず、何でも教えてもらう立場で聞き役に徹したほうが好感が得られていた気がします。向こうからすれば1年目だろうが10年目だろうが若者は若者ですので。ただし顧客からはエサのプロとして見られているので、自社製品について無知というのは当然論外ですけどね。あと時にはズバッと言う勇気も大切でしたね。

色々な所に行けた

suitcase

泊まりがけの出張の夜や待ち時間は割と自由に過ごせます。温泉、観光スポット、ご当地グルメ、男性の方は夜のお遊び、何でも楽しめます。私はもっぱら大浴場付きのホテルを予約して、近くの居酒屋に一人で飲みに行っていました。あとアポイントの待ち時間やトイレ休憩で頻繁に利用するため、道の駅・コンビニマスターになりました。

運転が上手くなった

driving

高速に乗るのが怖かったのですが、嫌でも毎日のように何百kmも走らされるのですっかり慣れてしまいました。
今では週に2、3日しか車に乗らないので、物足りないと感じるようにさえなってしまいました。
田舎の高速ばかり走るので飛ばしがちです。覆面にはご注意を。
ちなみに飼料メーカーの営業職でゴールド免許の人はほとんどいません(笑)

肉や卵の知識が身についた

Supermarket, Meat

スーパーに行くと、これはあんまり良い肉じゃないなぁとか、ここの卵なら間違いない!とか、ラベルや物を見て品質の善し悪しが判断できるようになりました。
他業界の人と話していると、意外と畜産物の知識について知らないことや誤解があるなぁと感じました。せっかくなので今後このブログでそういうことを伝えていきたいと思っています。

その他

クレジットカードのポイントが大量に貯まった!

営業車のガソリン代、接待費、手土産代など、実費で支払い、後から領収書を提出して会社から返金されるシステムだったので、全てクレジットカードで支払っていました。
気づいたら、数万円分のポイントが貯まっていてテンション上がりました。

野菜やお肉をよくもらえた!

取引先の農場の横で畑をやっていたり、お肉の直売店を持っている方もいたので、「おい、これ持ってけ!」と野菜や果物、お肉をもらうことが多々ありました。
グルメな旦那は大喜びしてました。

男性に対して幻想を持たなくなった!

畜産・飼料業界はまだまだ男性中心の社会ですので、普段から男の本音を聞かされました。
接待でキャバクラやスナックにもよく行っていたので、鼻の下が伸びきった男性を沢山みて、「皆こんなものよねぇ…」と現実を突き付けられました。
身も心も清らかなイケメンなんてきっといないんだと確信しています。

最後に

仕事をしている人は皆さん同じだと思いますが、楽しいことも辛いことも沢山あると思います。
2年間という短い間でしたが、優しくて訪問が毎回楽しみになるお客さんに出会いましたし、未だに手紙やメールのやりとりがあったり、卵を送ってくださる方にも出会えました。

ただやはり、体を壊し疲れきった時に、自分の中で考え抜いた末、

私は仕事をするために生きている訳ではなく、家族や自分の時間を大切にしたい。
その上で、誰かの役に立てるような仕事がしたいんだ!

という結論に至り、退職することを決めました。

次は自分が余裕を持って続けられるようなお仕事をじっくり探す予定です。
これから就職活動や転職をする方は参考にしてくださいm(__)m

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 高尾稔 より:

    元気そうで安心しました。偶然ブログを拝見して興味深く見させてもらいました。色々大変だったみたいですが、まだまだ人生これから、長いので色々有ると思いますが、頑張って下さい。又いつか会えることかあるかもしれんけえな。

    • ぽてっち より:

      ご無沙汰しております!
      昨年は大変お世話になりました。

      偉そうに色々書いてまして大変恥ずかしい限りなんですが、こうして温かい言葉を頂き嬉しい限りです。
      また機会があればお会いしたいです。

      卵、買わせていただきます!