専業主婦になってよかったと思う理由。

こんにちは。
最近豚肉や卵ネタばかりなので、日記っぽい投稿もぼちぼちしていきます(^^)/

今日は専業主婦歴4ヶ月の私が、専業主婦をやっていてよかったと感じたことをご紹介したいと思います。
全国の主婦の皆さんに比べたら全然短いのですが、働いていた時の記憶がまだ残っているほうが比較ができると思ったので、書いちゃいます。

子どもがいると状況がは全然違うと思いますが。。。

専業主婦って何してるの?っていう方は、こういうものなのね〜と知っていただければと思います。
まずは経緯から。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

私が専業主婦になった経緯

Housewife

私は元々、結婚しても働きたいと思っていました
むしろ総合職でバリバリ働いて旦那より稼いでやるぜ!くらいの気持ちでした(笑)
就職活動も最初は全国の会社を受けたものの、別居婚はつらいよね、ということで就活後半は地元の会社を中心に受けていました。

そして念願かなって地元に本社のある大手飼料メーカーに内定。
会社にも結婚のことは入社前から話をして、配慮するという話も人事から聞いていたものの、配属先はまさかの新幹線で3時間かかるところでした。
遠距離恋愛→別居婚で2年程頑張っていましたが、色々と限界を感じて退職し、めでたく同居することに。(今ここ)

リフォーム、引っ越しを控えているので今の地でがっつり就活をするにも微妙なので、引っ越し先での職を探しつつ、ブログを書きつつ、TOEICの勉強もたまにしつつ…な日々です。

元々専業主婦になりたかった!という人は、この生活に対するモチベーション(?)が全然違うと思います。私の場合は(多分)期間限定なので「こういう人生もあるんだな~」という気持ちでやってます。

専業主婦になってよかったと思う理由

毎日に余裕をもって過ごせる

Sky

とりあえず時間だけは沢山あるので、以前のように仕事に追われることなくのんびり過ごせています。
朝夫を送り出した後、二度寝をするかしないかで一日の活動時間が変わってくるので、できるだけ寝ないように頑張っています(-_-;)

家族との時間を大切にできる

以前は単身赴任していたのもありますが、月に1~2回くらいしか夫と会うことができませんでした。
(仮に地元配属だったとしても、残業や外泊が多すぎてすれ違っていたことでしょう)

今は毎日顔を合わせて食事ができます。
本当にありがたいことですね。
夫も家事を全てやる必要がなくなったので、なんとなく最近は家でゆっくりできている気がします(私の主観)。

お金のこと、家のこと等、夫婦で話し合いをするのにも以前はスカイプ会議をしていましたが、空いている日時を合わせるだけでも一苦労でした。
今は毎日気軽に話せるので、物事がサクサク進んですごく幸せです。

趣味や習い事など自分のために時間を使える

とにかく時間ならあるので、最低限やるべき家事さえやれば、その他の時間は何をやってもOK。
趣味や習い事などに勤しむのもよし、社会復帰のために資格の勉強をするのもよし。
何もしないのもある意味よし。

私は自転車で出かけたり、喫茶店で本を読んだり勉強したりしてますが、まだまだ時間を持て余して寝がちなので気を付けたいです(^_^;)

家をいつも綺麗に保てる

Cleaning, House

個人的にはこれが一番嬉しいかもしれません。

一人暮らし時代、家にいる時一番つらかったのは、疲れて帰ってきたのに部屋が汚すぎて更に気持ちが萎えたことでした。
掃除する気力もないし、掃除機をかけられる時間帯でもないし、シーツを替えるには他の洗濯物が溜まりすぎている。
結局いやだな~と思いながら汚部屋で死んだように寝る日々でした。

それが今は、「そろそろシーツを替えよう」、「洗面所とキッチンのタオルを替えよう」、「明日の朝掃除機をかけよう!」と気軽にお掃除できます( ^^)

そのおかげか、ハウスダスト、ダニアレルギー持ちの私ですが、手元以外は肌がきれいになりました(^^)/

家計が常に把握できる

正直働いていた時は、家計簿をつけたり通帳記入したりなんて余裕はほぼゼロでした(´;ω;`)
平日が忙しすぎて、休日は寝るか病院に行くかでしたからね(笑)

今はちょっと楽をしているんですが、家計簿アプリ「マネーフォワード」をインストールして、家計の出費・財産管理をしています。

ストレス発散のためだけの無駄な出費がなくなった

仕事をしていると、どうしようもなくストレスが溜まって「散財してやる!」という気持ちになることがありませんか?

私はしょっちゅうそんな気持ちに襲われていました。
今思えば、そんなにお腹が空いていないのにお菓子を買って食べたり、欲しくもない洋服を回に行ったりしていたような気がします。

仕事でたまったストレスを散財することで解消してやろう!という衝動に駆られていたのでしょうね。
お金のために働いているのに無駄にお金を使うなんて本当に矛盾してました…。

今はストレスを感じることが激減したので、必要なものをきちんと吟味してお金を使うことができています。

毎日が健康そのもの

Health

以前「私がエサ売りを辞めた理由」でもご紹介しましたが、仕事をしている時はしょっちゅう体を壊して血を吐いていました( ;∀;)

大体2~3ヶ月に1回は必ず40℃の高熱に襲われ、喉が腫れ、血の塊が口から出てきました。
(扁桃周囲炎、咽頭炎という病気らしいですね。体力が落ちていたようです)

それが仕事を辞めた途端、体調を崩すことがぱったりと無くなったんです!

この間調子に乗って半袖で寝てしまい、風邪をひきかけましたが、厚着に戻して2~3日よく寝たらすぐ治りました。
あまり体力のない私にとっては、余裕あるこの生活がありがたい限りです。

【2017.7.12追記】
仕事を辞めてから半年以上経過しましたが、今のところ体調不良はゼロです!

世帯単位での支出が減少した

働いている頃は、収入は多かったけれど支出も多かったと思います。

外食やコンビニが多く、食費は一人暮らしなのに4万円近くかかっていましたから…(;’∀’)

現在の食費をマネーフォワードで調べたら、2人でなんと3万円以下でした!

逆に今まで何食べてたんだよってつっこみたいくらいです。
まぁそれだけ外食はお金がかかるということですね。

また、リフォームローンの申請に必要な不動産登記も自分ですることができ、代行依頼費用15~20万円を節約することもできました!

こんにちは! 今日は不動産登記についてのお話です。 先日、不動産の表題登記を司法書士に依頼せず、自分でやってみたところ、無事に手続き...

先ほど挙げたことに繋がりますが、やはり時間をお金で買うことが減ったこと、ストレス発散のための出費がなくなったことと、家計をきちんと把握できる余裕が生まれたためだと思います。

夫の税金が減るらしい

私に収入がなくなり、扶養に入ることになったので、配偶者控除が適用されるみたいです。
住民税の支払いもなくなりました。
このあたり、ちょっと詳しく調べてみたいと思います。

まとめ

とにかく時間に余裕が生まれるので、心、体、そして家計的にも良い傾向が出てきました。
そして自分だけでなく、夫も以前よりは楽になったと思います(多分)。

一緒に住み始めてから毎日朝ご飯を食べるようになったと言ってました。
逆に今まで食べてなかったんかい。

自分の中で、この生活は一時的なものだと思っているから楽しく感じられる、というのもあるかもしれません。

都会に住んでいなくて、1人が生きていくのに必要な金額+2~3万余裕がでるくらいの給料なら、無駄な出費を抑えればどちらか一方が専業かパートでも十分やっていけると思います。
以外と携帯料金などの通信費が高い家庭が多く、我が家では2人とも格安SIMに切り替えたことで、以前の1/3に抑えられました
(子どもが生まれたらこの限りではありませんよ!)

一生やるか一時的にやるかは別にしても、お互いフルタイムで共働きに疲れたら、主婦、主夫。
一度検討してみるのも良いと思います。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)