本当に平飼い卵を選ぶべき?~平飼い・ケージ飼育のメリット・デメリットを解説!~

こんにちは、ぽてっちです。

今日はニワトリをケージで飼育した場合と平飼いで飼育した場合での、ニワトリと消費者それぞれの視点からメリット・デメリット等についてまとめてみました。

平飼い、ケージ飼育の説明については前回の記事でお話ししておりますので、こちら↓をお読みくださいませ。

平飼い卵だからってニワトリが健康とは限らないよ!~大切なのはまめな飼養管理~

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ケージ飼育のメリット

ニワトリにとっては…

衛生的

糞をしたらケージの下にある糞ベルトの上に落ちるため、糞が体に触れることがありません
また、鶏糞は毎日ベルトに乗って回収されるので、ニワトリの足下で病原菌やウイルスが繁殖するリスクが低くなります

個体管理がしやすい

ケージの中に決められた羽数のニワトリがいるので、毎日観察する時に個体の識別がしやすく、一羽一羽の変化をきちんと把握することができます。

鶏同士のケンカが起こりにくい

農場によりますが、多くの養鶏場が1部屋あたり2羽、あるいは10羽以下で飼育しています。
そのため、何十羽が同じ空間で飼われている状態と比較するとニワトリ同士の争いが起きにくく、他のニワトリにつつかれてケガをしたりすることがあまりありません。
また、エサを食べる時もケンカが起きにくいので、どの個体もきちんとエサを食べることができます

消費者にとっては…

衛生的な卵が食べられる

基本的に卵に糞がつくことはあまりなく、卵を産んだらその日のうちに集卵ベルトでGPセンターに集められていきます。
GPセンターでは卵の洗浄をし、次亜塩素酸ソーダによる殺菌も行います。
そのため、仮に殻の表面に菌が付着していたとしてもこの過程でほとんどが殺菌されるので、私たち消費者が殻についた菌を口に入れるリスクはほぼゼロに近いと言えるでしょう。
もちろん卵の中にも菌が侵入しないように、ニワトリの管理は厳しく行っている農場がほとんどですよ。

卵を安く買うことができる

ケージを何段も積み上げることで、1つの建物の中で沢山のニワトリを飼うことができます。
従って生産効率が上がりコストを抑えられることによって私たちは卵を安く買うことができるのです。

ケージ飼育のデメリット

Chicken, Cage

ニワトリにとっては…

ケージが爪や皮膚のケガの元になる

ニワトリは自然界では地面の上を歩いているうちに爪の先が削れていきますが、ケージの中では伸びてしまうことが多く、爪がケージに引っ掛かってケガをしてしまうことがあります。
また、ケージは金属製で、継ぎ目などが尖っているとニワトリの皮膚に引っ掛かってケガをしてしまうこともあります。

消費者にとっては…

罪悪感を感じる

まだ日本では飼育方式によって卵を選ぶ考え方が浸透していないのであまりないかもしれません。
アニマルウェルフェアを重要視しているヨーロッパ諸国では、
「消費者が罪悪感を感じて卵を食べるのが嫌だ!」
という声が多く、ケージ飼育の卵はあまり売れていないようです。

次は平飼いについて。

平飼いのメリット

Chicken

ニワトリにとっては…

自由に行動できる

ニワトリにとっては広い敷地を好きなだけ飛び回ることができるので、行動が多様化し、より自然界にいる状態と近くなります。

消費者にとっては…

罪悪感が軽減される

ケージ飼育と逆です。
これもまだ日本では馴染みのない感覚かもしれませんね。

平飼いのデメリット

ニワトリにとっては…

個体管理がしにくい

1つの鶏舎の中をたくさんのニワトリが毎日飛び回っているので、農場の管理者は一羽一羽の区別がつきにくいです。
もしもケガや病気の兆候が認められても、それに気づけない可能性も当然上がります。

ケンカが起きやすい

集団で生活するため、順位が生じる可能性があります。
そうなると、エサを十分に食べられなかったり、皆にいじめられてつつかれ、ケガをするニワトリが出てきます。

ケージ飼育よりも衛生的ではない

糞や食べ残し、飲み水が落ちた床を踏みながら生活するので、糞などで菌が繁殖し、それがニワトリに感染してしまうリスクも上がります。

屋外の場合は野生動物に食べられたり疾病に感染しやすい

平飼いの中でも「放し飼い」と呼ばれる屋外で飼育する方式では、野生動物に襲われたり、野鳥との接触により鳥インフルエンザ等の疾病に感染するリスクが更に上がります

消費者にとっては…

ケージ飼育よりも卵が衛生的でない可能性がある

平飼いではニワトリの本能を利用して、小さな巣箱を用意し、その中に卵を産んでもらうようにします。
しかし、一部巣の外で卵を産んでしまうものもあります。
そうなると、その卵は糞などが落ちている地面の上に接しているので、その後の衛生管理をきちんとしないと、消費者のもとへ細菌に汚染された卵が届いてしまうリスクが高まります。
(その後きちんと消毒していれば良いのですが…)

また、小規模農家の場合、卵の洗浄や消毒が大規模農場に比べると徹底されていないこともあります。
平飼いの養鶏場のほとんどが数百羽、数千羽規模の小規模なので、衛生上好ましくない卵に遭遇する確率がケージ飼育よりも高くなってしまうのではないか、というのが私の予測です。

卵の価格が上がってしまう

1階建ての鶏舎に飼養密度を抑え、少数でニワトリを飼うとコスト的にはどうなるでしょう?
ケージ飼育よりもめちゃくちゃ高くなりますよね。
従って、一般的なケージ飼育の卵の倍以上の価格は覚悟しなければいけません。
卵は安い、という認識の日本人からするとかなり痛い問題だと思います。

まとめ

☑ケージ飼いは生産効率、衛生管理、ニワトリの健康管理に関しては平飼いよりもメリットが多い

☑平飼いの場合、ニワトリが地面を自由に走り回ることができるという点で、我々も罪悪感を感じないというメリットがあるが、生産コストが非常に高くなってしまうというデメリットがある

☑平飼いは飼養管理機材ではなく手作業による部分が多いため、管理を怠ると衛生面でのリスクが上がってしまう

おわりに

平飼いはこまめに世話をしないと鶏舎がすぐに不衛生な状態になりがちです。
平飼い卵しか食べません!という人もたまに見かけますが、平飼いなら何でも良いわけではありません。
むしろいい加減な平飼い農場よりは、ほぼオートメーション化されていて飼養管理・衛生管理をしっかりしている大手養鶏場の卵のほうが、よっぽど私たちにとって安全だし、ニワトリの健康にも良いと思います。
(そりゃあ衛生的な平飼い卵が動物愛護の観点からはベストなんでしょうけども)

ニワトリをのびのびとした環境で育てました、という耳触りの良い言葉だけに惑わされないでくださいね。

ちなみに今回の記事は、農林水産省のアニマルウェルフェアについての指針を参考にしていますので、興味のある方は読んでみてください。

次回は「きちんと管理された採卵養鶏場の卵を見分ける方法」についてお話しします。
お楽しみに!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 庄司鉄平 より:

    はじめまして。ブログが大変興味深い内容で、色々と参考になりました。
    私は今年の7月から養鶏業を始めた者です。
    平飼いで鶏肉用の地鶏を育てていますが、養鶏に関する情報を得るたびに引き継いだ養鶏場の状態がいかに劣悪なものかが分かってきて途方にくれているところです。(引き継ぐ前によく調べておけということだったのでしょうが、ちょっと事情がありまして・・・)
    今後もブログチェックして勉強させていただきたいと思います!
    ツイッターでもフォローさせていただきました。

    • ぽてっち より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      ブログ読んでいただきありがとうございます:)
      地鶏の飼育をされているんですね!
      養鶏を始められたばかりで色々と大変だと思いますが、少しでも何かの参考になれば嬉しいです(^^)

      嬉しいお言葉を色々とありがとうございます。
      私もツイッターフォローさせていただきました!
      畜産と全く関係ないことも書いていますが、もしよければ今後ともよろしくお願いいたします:)