交通事故の治療費が全然支払われないのでクレーム相談室に電話したら一発で解決した話

こんにちは。
先日ブチ切れた出来事があったのでご報告しておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

何に怒っているかというと…

私が何に怒ったかというと、自動車保険の会社の対応です。
怒りの矛先は自分の契約している保険会社ではなく、交通事故の相手方が契約している会社です。

簡単に言うと、保険会社の担当者に何度も催促しているのに治療費などのお金が一向に支払われず、とうとうクレーム専門窓口に電話してしまった、というお話です。

事故発生からクレームまでの経緯

せっかくなので経緯を記録として残しておきます。

事故の状況

事故が発生したのは約半年前。
旦那の運転で助手席に乗っていると、視界の右側にある側道から突然車が右折してきて、左にハンドルを切ったもの避けられず衝突しました。

図で示すとこんな状況でした。

赤い方がうちの車です。

相手は一時停止標識をガン無視していたようです。

話をした時もヘラヘラしていて反省の色は見られず…

アンタがちゃんと運転してたらこんな面倒くさい事にはならなかったんだよ。。。
もう免許はく奪してもらいなさいよ。。。

二度と関わりたくない類の人でした。

で、この事故で車がぶっ壊れたので、この後ディーラーに持っていったりしてこの日は終了しました。

治療開始

hospital

しかし、翌日から旦那も私も首が痛くなり始めました。
そこで、とりあえず両保険会社に連絡してから整形外科に行くことに。
整形外科では骨に異常はないとのことでしたが、2人とも「頸部挫傷」という診断名が下ったのでしばらく通うことになりました。

その後相手方の保険会社から
整形外科で診断書をもらった後なら、接骨院に行っても治療費はきちんと支払います
という連絡があったので、数日後に接骨院へ。
…で何だかんだ合わせて10回近く整形外科と接骨院に通い続け、春には治療も終了しました。

相手方の保険会社に治療が終了した旨を連絡すると、病院から請求書が届き次第、早急に治療費や交通費、慰謝料を支払うとのことでした。

つまり、春には治療が終了していたという事は、通常であれば治療費が遅くとも約1ヶ月以内には支払われるはずですよね。
続きます。

車の修理が終了するも…

それから数週間後、車の修理が終わりました。

ディーラーの人に
保険の過失割合が決まっていないのでまだ修理費を請求できません。決まり次第連絡します
と言われ、車だけ引き取りに行きました。
その数週間後に過失割合が決まりました。

1:9でした!
(もちろんうちは1ですよ)

と言う訳で、修理費を支払うためにディーラーへ。

修理費はなんと総額100万円越えでした。
壊れていたのが前方だけだったので、国産車であれば50万円程度の事故だったようです。
輸入車って恐ろしい…。
(我々はその1割を払えばよいのですが、正直それすらも癪でした★)

で、その時にディーラーさんから言われた一言。
修理費の9割は既に相手の保険会社さんから頂きましたよ。治療費ももちろん支払われましたよね?

えっ。払われてませんけど!
この時「治療費を支払います」と言われてから既に1ヶ月半経っていました。

遅いなぁもう~と思いつつ、再び保険会社に連絡。

すると、
接骨院と連絡が取れないんですよね~。今週中には払いますね。

しかし、数週間待っても振り込みもなければ何の書類も届きません。

その後も確かもう1回催促しましたが、同じ返答だった気がします。
(催促しすぎて忘れました)

結局待てど暮らせど治療費は支払われませんでした。
気づけば最初の支払いの連絡から2カ月半が経過していました。

あぁーっ!まだお金もらってない!!!いい加減にしろよーっ!

プッチーン!
夫婦共々、とてつもない怒りが湧きあがってきました。

お客様相談室に電話したよ

旦那に電話しといて~と投げられたので、結局私がクレームを入れることになりました。
元営業だからクレーム入れられるのは慣れてるけど、言う側は初めてだなぁ…。
不安はあるけど、頑張るぜ!

さて、どうせ担当者に連絡してもまた誤魔化されるのは目に見えているので、担当者の上司に連絡するか、苦情相談室があればそこに言ってやろうと思いました。

そこで保険会社のHPを調べると、「お客様の声相談室」がありました。

と言う訳で、勇気を出して相談室に電話して、事情をお話ししました。
(怒りは鎮めて、淡々と丁寧にお話しさせてもらいましたよ★)

相談室の方はきちんと話を聞いてくれ、
社内のデータを調べると修理費は支払った記録が残っていますが、その他は支払われた形跡が見当たらないので、早急に担当者に確認させます。
という返答を頂きました。

よしよし、ようやく事が動き出しましたね。

担当者がパニック状態で電話してきたよ

late

約2時間後、電話が鳴りました。

担当者からです。
あの、この度はご連絡が遅くなって、も、申し訳ありませんでした!
接骨院の先生と連絡が取れなくて…。
今日中に支払いの手続きを取らせて頂きます!

相当怒られたのかもしれません、パニック状態でした。
悪いことしたかなぁ…。

しかし矛盾に気づく私。

いや、でもさ、今日中にお金払えるんだよね?
もう連絡とれてるやん!
接骨院関係なくない!!!??

自分がお金払うのを忘れてたことを人のせいにしているだけですよね。
個人的にはこれが一番腹が立ちました。

まぁそんなこんなであっという間に慰謝料に関する書類も届き、無事解決しそうです。

まとめ

結局、主張しないと何も動かない!

本当のところ、担当者が何故こんなに支払いを延ばしていたのかは良く分かりません。
もしかすると人が足りないのかもしれないし、面倒だからという理由だけで先延ばしにしていたのかもしれません。

でも、理由がどうであれ私たちがもらえる権利があるお金です。
しかもかなりの金額です。

結局、放っておいたら踏み倒されただけかもしれません。
こんな殺伐とした世の中、きっとこちらから主張しないと何も始まらないのです。

もらえるものは必ずもらっておきましょう。
そもそも私たち何も悪いことしてませんしね。

もし同じようなことで困っている人がいたら、泣き寝入りする前に頑張って主張しよう!と伝えたいです。

世の中には交通ルールを守らない奴がうようよいる

Important

いくら全てのドライバーが自動車学校に通い、試験を合格したからと言って、皆がルールを守り続けているとは限りません。

今私は日本でも有数の交通事故の多い県に住んでいますが、正直きちんとルールを守って運転している人はごくわずかです。
赤信号になっても止まらないし、自転車や歩行者にクラクションは鳴らすし、直進レーンから右折するし…メチャクチャな人ばかりです。

勿論そんな人たちとぶつかって交通事故が起きたとしても、ドライブレコーダーをみれば一発で向こうの過失を主張出来ます。

でも、無用なケガも車の破損もしたくないですよね?
私は「自分以外は皆イカれてる」という認識で車を運転した方が絶対に安全を守れると思いますね。

クレーマーにならないために…感情に流されずに淡々と伝えよう

Sky

あちこちの店で、いろんな会社で理不尽な苦情ばかり主張する、いわゆるクレーマーという人間にはあまりなりたくないですよね。

今回私は淡々と事情を話して、こちらの要求を分かりやすく伝えるようにしました。

仮に怒鳴り散らしてしまったら、せっかくこちらに非がなくても「うるさいクレーマー」のレッテルを貼られてしまい、苦情内容の正当性がかき消されてしまいます。
また、人間って大きな声で怒鳴られると、「自分が指摘された内容」よりも「怒鳴られた記憶」しか残らないんですよね。

たとえ我慢できないくらい腹が立った時でも、

  • 何故腹が立っているのか
  • 相手のおかしいと思う点
  • こちらの正当性

を淡々と話すようにしましょう。
理路整然と話した方が効果があるし、何よりも自分の株を下げずに済みますよ。

以上、ただの苦情記録でしたが何かのお役にたてば幸いです。

それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)