専業主婦がクラウドワークスで2週間仕事してみて感じたこと・いくら稼げたかなど。

こんにちは。ぽてっちです。
最近お昼寝してないので毎日眠いです。

さて、今日は私が2年ぶりにクラウドワークスで仕事をし始めて感じたことなどについてお話したいと思います。
せっかくなので稼いだ金額も公表してみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

クラウドワークスって何?

まずはクラウドワークスを知らない人のためにご紹介。

簡単に言えば、クラウドワークスとは仕事をしてほしい人と仕事をしたい人の仲介を行うサイトです。

日本最大級のクラウドソーシング、クラウドワークス。実績のあるプロに依頼できるから安心クオリティーでどこよりも早くリーズナブル!ホームページ作成、アプリ・ウェブ開発やロゴ・チラシ作成、ライティング、データ入力まで、幅広い仕事に対応!

案件の例としては
新しくお店を始めるのでロゴを作ってほしい!
ブログ記事を作成してほしい!
ショッピングサイトの商品登録を代行してほしい!
など様々。

仕事を依頼する人(クライアント)が先にクラウドワークスに入金し、ワーカーが仕事を終え、クライアントに納品して承認が下りればクラウドワークスからお金が支払われます。

手数料は約2割なので、1000円の報酬であれば800円がワーカーに支払われるという仕組みです。

この2割、意外と痛いんですよね(-_-)
仲介するだけで2割も持っていくってすごいよなぁ…

しかも報酬の振込手数料が500円(楽天銀行は100円)もかかるので、ある程度金額がまとまってから振込んだ方が良いと思います。

仕事の依頼形式は3つ

meeting

また、仕事の依頼形式はプロジェクト形式・タスク形式・コンペ形式の3つがあります。

プロジェクト形式は、
お互いが条件に合意したら契約やりとりをしながら業務を遂行
納品・検収完了報酬振込
という流れです。

タスク形式は、契約なしですぐに取り掛かることができ、提出後に承認されればお金が振り込まれるという仕組みです。
文章がめちゃくちゃだとか、他の人のパクリだとか、よほどのことがない限りはきちんと承認されます。

コンペ形式は、アイデアを沢山の人から応募してもらい、採用された人だけにお金を支払うという形式です。
クライアントはアイデアを沢山集められるメリットがありますが、ワーカー側はうーん…どうなんだろ。
ロゴやネーミングなどの案件でよく使われます。

2週間で稼いだ金額

さて、金額を大公開してみましょう!

とりあえず、2週間で稼いだのはこれだけです。

3000円ちょい。

実際にはまだクライアントが検収を行っている案件がいくつかあるのでこれよりはもう少し多くなります。

あと、明後日くらいに比較的大きな仕事が片付くので、それが終わったら更に1500円入りますね。

このペースだと月に1万円いくかどうかというところでしょう。

これを多いとみるか少ないとみるかは、、、人それぞれですかね。

私の感想は
やっちまったな。もっと効率良く稼がなきゃな
です。

2年ぶりにクラウドワークスで仕事を始めて感じたこと

2年前の学生の時に少しだけやってましたが、専業主婦になって再開してみると色々と思うことはありますね。

まずは自分が実際に取り組んだ案件の紹介も兼ねて、種類別にお話ししていきますね。

アンケート

実際に自分が行ったことのあるお店や、以前働いていた会社の体験談や口コミを書くお仕事です。
ほとんどがタスク形式の依頼。
2年前よりも単価が何だか上がったような印象です。
ライターが減ったのでしょうか…

記入した内容はおそらく転職サイトや口コミサイトで使用されるのでしょう。
中でも転職系は単価がかなり高い案件が多く、実際にあったことを書けば良いだけなので入力も速くなり、稼ぐにはかなり効率が良いと思いました。

また、ミステリーショッパーのような案件もあるので、割には合わないけどタダでご飯が食べれたりもします。

クライアントと直接やり取りすることがほとんどないので、効率よく後腐れなく仕事出来るのが良い点です。
デメリットはタスク形式が多く、単価が比較的安いことですね。

ライティング業務

Webメディアやブログサイトの記事作成を行う仕事です。
タスク形式が多いですが、中にはプロジェクト形式のものもあります。

自分の得意なジャンルを見つけてサクサク書いていけば割と稼げるとは思いますが、文字単価に要注意です。

1文字あたりの単価が0.1円を切っているようなものは頑張って書いたところで大した儲けにならないので、是非ともやめておいた方が良いでしょう。

私は最低でも0.5円以上のところを探してはいますが、皆さん同じのようで、倍率がなかなか高いのが難点です。

アパレル出品作業代行

一番やっちまったと思ったのはこれです。ホントに。

何をするかというと、アマ○ンやバ○マ、その他のショッピングサイトにクライアントのIDで様々な商品の出品登録をしていく作業です。
私が受けた案件は、実際に商品を検品したりといった作業はありませんでした。

なので、ひたすらに入力です。
入力入力入力!!!

ただコピペするだけなら誰にでも出来るのですが、ちょっとした画像の加工作業があったり、商品説明を自分で考えなくてはいけなかったり、作業のやり方やファイル名のルール指定まで、本当に細かい。

2つの案件を並行して受け持っていたんですが、1つが毎日のように仕様変更の依頼をしてきて、最初に登録した商品から全部修正が必要になったこともありました。
マニュアルは何の当てにもならなかったので自分で1からマニュアルを作成して、仕様変更して、、、、1件うん十円で単価変わらず。

はじめの方は時給100円くらいだったのではないでしょうか。。。

おそらくどんなに頑張っても時給500円くらいにしかならなそうなので、そこは区切りをつけて辞めることにしました。

ファッションが好きな人や自分で1から文章を考えるのが苦手な人には良いのかもしれませんが、大ざっぱで面倒くさがりの私には地獄のような作業でした(;_;)
ある意味良いトレーニングになったかもしれません。

将来就職する時にアピールしたいレベルです。

その他

  • データ入力
    ただひたすら純粋にとあるデータを入力するだけのお仕事です。
    単純作業が好きな人には向いているかもしれませんが、単価が非常に低く、おそらくどんなに頑張っても時給100円くらいにしかならないのでおススメしません。
  • テープ起こし
    在宅勤務といえばまず浮かびそうなお仕事ですよね。
    私は実際にはやっていませんが、そこそこ募集はあります。
    ただ、めちゃくちゃ人気がある割には効率が非常に悪い。
    1時間のセミナーを起こすのに1時間で済む訳もないし、実際に喋った言葉を綺麗な文章にまとめる作業もあります。
    たぶんどんなに頑張っても半日はかかると思いますが、うん千円程度にしかならないのであまりおススメはできません。

最後に言っておきたいこと2つ

いかがでしたか?
世の中簡単に稼げる方法なんてやっぱりほとんどないということがお分り頂けたかと思います(^o^)/

最後に皆さんに言っておきたいことが2つあります。
まず1つは、効率良く稼ぎましょう!ということです。

目の前の楽そうな案件にすぐに飛びつくと、後々計算したら発展途上国の時給並みで働かされていたなんてこともよくあります。
自分のスキルを洗い出して、プロ向けの案件から探していくのが一番良いと思います。

そしてもう一つ。
頑張りすぎるな!!!

これは何にでも言えることですね。
クラウドワークスは基本的に出来高制なので、稼ぐなら質よりも速さが求められる傾向にあります(主にタスク案件)。
それゆえ、いちいちこだわっていたらキリがありません。

「このくらいのクオリティならOKが出るな」
と思ったら、さっさと提出してしまうのも手ですよ。

あと、私のように
「納期よりも早く提出しよう!がんばらなきゃ!」
なんて熱心に一日何時間もPCに向かっていると体を壊します。
(旦那の帰りが遅いから時間が有り余ってるんです)

実際昨日から微熱が出たのと肩と腰が死ぬほど痛くなってしまい、鎮痛剤を飲んでいます(笑)
前職時代からの悪い癖を抜かなければいけませんね。

専業主婦が在宅ワークをやる場合は、あくまで「スキマ時間に効率よく」稼ぐことを念頭に置き、毎日を楽しく過ごすことが大切だと思います。

なんだか人生論チックになってしまいましたが、今日はここまで。

最後までお読み頂きありがとうございました。
それではまた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)